歯の黄ばみが気になったらホワイトニング

私は毎日コーヒーをのみますが、コーヒーやお茶にはタンニンと呼ばれる色素が含まれているので、ステインの原因になってしまいます。
ステインは色素やたばこのヤニなどが歯の表面にあるペリクルという成分が付着したもので、これが歯が黄色く見える原因なのです。
他にも加齢によって歯が黄色くなりますが、黄色くなってしまった歯が気になるならホワイトニングによって白さを取り戻すことができます。
ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングが一般的で、色素を分解して歯を白くするのがオフィスホワイトニングになります。
色素を分解するには過酸化水素や尿素の漂白効果のある薬剤を使う必要があるため、歯医者さんの診断と処方が必要になります。
ホームホワイトニングは自宅などでマウスピースを使って歯を白くする方法になります。
ホワイトニングは神経が生きている歯に対して行うものなので、神経が死んでいる歯にホワイトニングをしても歯を白くすることはできません。
芸能人みたいな白い歯に憧れますが、あそこまで白くするにはラミネートべニアという被せ物をする方法によるものです。

カテゴリー: その他