車検、タイヤの交換は?

車検がある年は、その月までに車検代を用意しておかないといけないので億劫になりますよね。
特にタイヤの交換などがあれば、車検代の費用が一気に跳ね上がってしまいます。
そこでタイヤの交換は、車検ごとがいいのか調べてみました。
そもそもタイヤがないと車は走りませんから、必須アイテムのタイヤ。
走行以外のタイヤの役割は、エンジンから駆動力、制御力、方向転換などを路面に伝えたり、車体を支える等があります。
タイヤの種類は、ラジアルタイヤ、バイアスタイヤ、冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)、夏用タイヤ、スノータイヤなど。
タイヤの交換時期として、タイヤの溝が1.6ミリ以下になったらそろそろ替え時、または4~5年経過したころとなっています。
なので車検ごとの交換は、必要ないようです。
また、タイヤの溝が浅くなったら、スリップしやすくなったり、ひび割れたりしたらバースト(破裂)する危険があるので要注意です。
また、タイヤには消費期限があります。
各メーカーが勧めている消費期限は4~5年でそれが過ぎると、溝が十分あったとしても目に見えない劣化が進んでいる場合があるので注意が必要です。
砂利道をよく走る、常に重いものを乗せている、常に直射日光を受けているなどは、タイヤの劣化が早いということです。

カテゴリー: その他