税理士の上手な選び方

最近は税理士も有り余るほどいるので、もし自分に合わない税理士なら早めに変えてしまってもよいかもしれません。
さて「税理士選びを失敗した」という例にはどんなものがあるのでしょうか?
税理士選びでよく聞く失敗例を少しだけご紹介したいと思います。
一番多いのが「税理士に支払う報酬が適正なのかよくわからない」「対応が遅い」「態度が偉そう」などで、次に多いのが「自社の事業のことを理解していない」「何もしない」「ちゃんと訪問してくれない」「税務署よりの態度をとる」などが挙げられているようです。
確かにどの理由を聞いても税理士を変えたくなるには十分かもしれません。
もし税理士を選びなおす際にはそういったポイントを抑えるとよいでしょうが、初めて税理士に依頼する場合はどうすればよいのでしょうか?
一番簡単なのは税理士紹介サービスを利用することです。
最近は税理士のマッチングも主流となってきているようで、特にめずらしくもない方法で自分とピッタリ合った税理士を見つけることができるでしょう。
「この先生なら…!」と信頼できる税理士を選んで、事業へより一層注力できるといいですね。

カテゴリー: その他